いま、ストライダーを買うとリュックがもらえる!

いま、ストライダーを買うとリュックがもらえる!

いま、ストライダーを買うとリュックがもらえる!

商品を購入

ストライダーには
ペダルも補助輪もありません。
赤ちゃんが歩けるようになるのと同じで、
自然とバランス感覚が向上し、
誰でも直感的に操作できる乗り物です。もっと詳しく

ストライダー正規販売店、またはオンラインショップストアにて、対象商品を購入すると、
ストライダーオリジナルころころリュックがもらえる!
この春、リュックを背負ってストライダーデビューしよう!
オンラインショップショップ及び楽天ショップはキャンペーン終了となりました。

ころころリュックの特徴

  • 1

    軽量でモノの出し入れが
    しやすい

    お子さまでも楽々背負える軽量に加え、ファスナーの開口部が広いため、楽々と物の出し入れを行うことが可能です!

  • 2

    背中にフィット!
    ストライダーで走ってもブレない

    お子さまの背中にフィットするデザインのため、ストライダーに乗っていてもブレずに背負うことができます。

  • 3

    背面はメッシュ素材!
    通気性抜群

    背中はメッシュ素材で蒸れを防止!また、素材も柔らかいのでお子さまも快適に背負えます。

対象商品

※キャンペーン期間中、正規販売店またはオンラインショップショップにてストライダー本体をご購入された方が対象となります。
※店舗でのご購入に限り、その場でもらえます。

教えてストライダーのこと  

■サイズ:(幅)約20cm×(高さ)約24cm×(マチ)約12cm
■重さ:約150g
※リュックのカラーは指定できません。予めご了承ください。
※リュック以外はプレゼントに含まれません。

Wチャンス

ころころリュックを背負って
ストライダーに乗ろう!
#ストライダー春の
冒険キャンペーン
をつけてSNSに投稿いただくと
抽選で3名様に
Amazonギフト
3,000円をプレゼント

■キャンペーン期間
2020年4月1日~2020年4月30日5月31日
■応募方法
「#ストライダー春の冒険キャンペーン」のハッシュタグをつけ、ストライダーところころリュックを背負ったお子さまが一緒に映った写真、ストライダーを購入した感想をSNSに投稿してください。ご応募いただいた中から抽選で3名様に3,000円分のAmazonギフト券をプレゼント!
■対象SNS
Instagram・Facebook・Twitter
■投稿にあたっての注意事項
・対象年齢以外のお子さまの投稿は対象外となります。
・ヘルメットを着用していない乗車写真、動画は無効となります。ただし、室内の場合はヘルメット着用必須ではありません。
・公道での走行、またはメーカーが定めた走行禁止場所で乗車している写真や動画は無効になります。

世界累計販売台数200万台突破! ストライダーが選ばれている理由

  • Point.1

    軽くて丈夫で壊れない

    ストライダーの重さは僅か3.0kg。圧倒的な軽さで転倒時の衝撃も軽減。軽量で堅牢性の高いフレームとシンプルな構造設計によって、どんな場所で乗っても、どんなに乱暴に扱っても、高い耐久性能を誇ります。

  • Point.2

    安心・安全

    ストライダーは米国の「CPSC」と欧州の「CE」という2つの安全基準をクリア。品質管理チームが行う試験や検査には競技用自転車のスペシャリストも参加し、日本独自の厳しい検査基準を設け品質管理を行っています。

  • Point.3

    広がる子どもたちの世界

    ストライダージャパンでは、1才半から参加できるレースイベントや教室、フェスなど、全国各自でさまざまなイベントを開催中。ストライダーを通じて新しい仲間と出会える機会が盛りだくさん!また、純正カラーパーツでオリジナルのストライダーを作ることもできます!

プロダクト紹介

近くのお店で購入

教えて
ストライダーのこと

Qストライダーには
なんでブレーキがないの?
「ブレーキがないと危ない…」それは大人の感覚です。直感で動く子どもたちにとって、手でレバーを握りブレーキをかけるよりも、足でふんばって止まる方が自然でわかりやすいのです。子どもたちの目線で作られている、それがストライダーです。
Qストライダーと
三輪車の違いは?
ストライダーは三輪車とは違い、自立しません。子どもたちが自ら直感的にバランスを取りコントロールできるようになるため、バランス感覚や自信が育ち、自転車にもスムーズに移動できます。また徹底した軽量化で小さいお子さまでも楽に乗ることができます。
Qストライダーに
ペダルはつけられるの?
ストライダー14xのみペダルの装着が可能となります。
ストライダー14xについて
Qストライダーを乗るために
他に必要なものって?

■ヘルメット
何よりも大切なお子さまの命を守ってくれるのがヘル メットです。安全性の高いヘルメットを選びましょう。 また、小さい頃からヘルメットを被る習慣を身に つけましょう。
Kidsヘルメットの選び方ガイド

■プロテクター/グローブ
転倒の際、お子さまの手を守ります。乗り始めの時期は特に着用を心がけてください。

■プロテクター|肘膝あて
転倒の際、お子さまの身を衝撃から守ります。乗り始めの時期は特に着用を心がけてください。

■スニーカー
動きやすくサイズの合ったスニーカーを履きましょう。紐の無いタイプだとより安全です。

STRIDER SAFTY RULES
Qストライダーは
どこで利用できるの?

ストライダーは自転車ではありません。 交通ルールを理解できない小さなお子さまが ストライダーで公道を走行する行為は大変危険です。 絶対におやめください。

走行禁止場所
・公道、駐車場、車両の往来する可能性がある場所
・公道など車両の往来がある区域への飛び出しが懸念される場所
・急な坂道(急な坂道ではスピードが出過ぎコントロールが出来なくなる恐れがあります。)
・段差など転落の恐れがある場所
・階段および階段付近
・危険な障害物がある場所
? ・プールサイドや水辺付近
・ストライダーが禁止されている場所
・乳児がいる場所

STRIDER SAFTY RULES
もっと見る