strider_jp
ニュース商品

ストライダー純正カスタムパーツに新製品登場!

ストライダー純正カスタムパーツに新製品登場!

ストライダーの純正カスタムパーツ に新製品が登場致しました!!

お子様と一緒にレースに出たい、レースに出始めてカスタムを強化していきたい!という方にはおすすめしたいカスタムパーツ。

今回は新製品のご紹介だけでなく、カスタムあるあるQ&Aについてもまとめてみたので、ぜひ最後までご覧ください!

まずは新登場したカスタムパーツがこちら..!!

まずは、新製品のご紹介から。

アルミニウム ライザーハンドルバー+グリップ セット

ストライダーブランド初となるライザーハンドルが登場!素材は、軽量、耐久性、そしてかっこよさを兼ね備えたアルミニウムとなります。

価格:2,750円(税込)
※装着にはST-R ステム&アダプター キットが必要です。

アルミニウム フラットハンドルバー+グリップ セット

アルミニウム素材のフラットハンドルも発売開始。こちらも軽量で耐久性に優れています。ハンドルはフラットで軽量化を検討中の方にはおすすめの製品。

価格:2,750円(税込)
※装着にはST-R ステム&アダプター キットが必要です。

カーボン ハンドルバー+グリップ セット

超軽量カーボン素材のハンドルバー。アルミニウムよりも軽量。ハンドル操作性がすぐれているのがポイント。

※装着にはST-R ステム&アダプター キットが必要です。

価格:6,600円(税込)
ST-Rのハンドルバーと同じ

ST-R ステム&アダプター キット

上記のハンドルを取り付ける際に必要となるステム&アダプターキット。クラシック/スポーツモデルとプロモデルで使用するステムが異なるためご注意ください。

価格:5,500円(税込)
※ST-Rでは使用不可

※コラボモデルは上記のスポーツモデル用のステムをご使用ください。

ST-R カーボンホイール(10スポーク)+ゴムタイヤ 2本セット(スリムナットアクスルシャフト付き)

高品質、高性能を兼ね備えた最高級のホイール。ストライダー史上最も軽量で衝撃の吸収力の高いレーシング向けのカスタムパーツ。カーボン素材でこの価格はホイールの軽量化を検討中の方にはイチオシ。

価格:38,500円(税込)
※ST-R、STRIDER 14xでは使用不可

カスタムをする前に知っておきたいこと

カスタム=軽量化といったイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、例えばハンドルをアルミニウムやカーボンに変えたとしても、その分ステムが必要となるため、結局のところは重たくなってしまう場合もあります。

私たち大人とは違い、子どもにとって何gの変化は大人とは感じ方が違う(重たく感じてしまう)ものなので、特にストライダーに乗り始めの頃や身体が小さいうちは、カスタムパーツを取り入れるよりも、トータルの重量を重視することをおすすめします。

それではここからは、カスタムパーツに関するよくある質問に回答していきたいと思います!

教えて!カスタムパーツのあれこれ…!!【素材編】

「スチール」「アルミニウム」「カーボン」とでは一体何が違うのか?!

スチール
スポーツモデルやクラシックモデルのハンドルやシートポストで使われている素材の「スチール」。剛性が高いため衝撃に強い素材です。
アルミニウム
錆びにくい!軽い!が大きな特徴のアルミニウム。ストライダープロのボディーもアルミニウムを採用しています。アルミニウム素材のカスタムパーツは軽量でお値段もそこまで高くはないので、最初のカスタムパーツとしてはおすすすめしたい素材です。
カーボン
上記のアルミニウムよりもさらに軽いのがカーボン。自転車素材の中では一番軽量と言われています。さらに、カーボンの魅力は衝撃の吸収力。ダートなコースを走行する際の揺れを緩和してくれます。ただし外からの強いパワーを何度も受けるとヒビが入ることもあるため、その点は注意が必要。加えて素材としては高価となります。

※重さに関しては個体差があるのでご了承ください。

教えて!カスタムパーツのあれこれ【ハンドル編】


フラットハンドルとライザーハンドルの違いって?

フラットハンドルとライザーハンドルの違いは、地面からの子どもの持ち手の位置が変わる点。

フラットハンドルの場合は、手の位置がライザーハンドルよりも低いため上半身が前傾になりやすく、ライザーの場合は、持ち手の位置が高い分、フラットと違ってそこまでは上半身は前傾にはなりにくくなります。

フラットハンドルとライザーハンドル、何基準で選ぶ?

フラットハンドルとライザーハンドル、どういう基準で選べば良いのという話ですが、お子様の走る時の体勢にどちらがフィットで選ぶ方が多いです。

レースシーンだと上半身がより前傾になるフラットハンドルの方も多いですがライザーハンドルを使用しているお子様もいます。

一方でトリックやパークライドが好きなお子様は、そこまで上半身の前傾が求められないため、ライザーハンドルにカスタムしている方も多いです。

ステムってなんで必要なの?

ステムとはフロントフォークとハンドルバーを接続するパーツになります。ストライダーの既製品にステムがない理由は、上記の写真のようにすでにポストがハンドルが一体化しているから。

一方で今回発売しているハンドルにはポストがないため、車体にハンドルを設置する際にステムというパーツが必要となるのです。

ステムありのハンドルから変えると何が変わる?

腕とハンドルの距離が変わる
以下の写真の通り、横から見ると、ステムをつけると体からハンドルの位置が遠くなるため(前に突き出ている)、自然と体が前傾になります。そのためレースなどではステムを使ったハンドルカスタムをされている方が多いのです。

ただ、レース目的だけでなく、身体が大きくなってくると、身体と腕の距離が近くなってくるため、ステムをつけてハンドルの位置を前にする方が操作しやすくなるためハンドルをカスタムされる方もいらっしゃいます。

教えて!カスタムパーツのあれこれ【タイヤ編】

・EVAタイヤとゴムタイヤの違い

タイヤ素材:EVAポリマー
スポーツモデルやクラシック、Proに装着しているノーマルホイールの素材は「EVA
ポリマー」。とにかく軽量であることが魅力です。ゴムタイヤの方がカッコ良くは見えますが、EVAポリマーのほうが軽量のため小さいお子様にとっては操作しやすいです。

加えてEVAポリマーの場合は、空気を入れる必要がないのでメンテナンスが楽で、かつパンクもしないことが魅力。ただ、ゴムと比較すると消耗はしやすく、濡れてる路面だとスリップしやすい素材です。
タイヤ素材:ゴム
ゴムタイヤの魅力は、グリップ力。走行中しっかり路面を掴んでくれるので、スリップしづらくコントロールがしやすい、かつカーブが曲がりやすいといったメリットがあり、耐久性があります。

一方で、EVAポリマーよりは重たく、定期的に空気を入れるなどのメンテナンスが必要。ダートな道は走行しづらいです。

個人的には、お子様の身体や走行スピードによっては標準装備のノーマルホイール(素材:EVAポリマー)のままの方が操作がしやすいこともあるため、一概にレースに出るからといってゴムタイヤが必須というわけではありません。

ある程度スピードも出てきてコーナリングも頑張っていきたい、というタイミングになったらゴムタイヤに切り替えるのも一つのタイミングだと思います。

ガチでやりました!スタッフオススメカスタム

新しいカスタムパーツが登場した記念に、ストライダージャパンのスタッフがカスタム車体をつくってみました!

営業マンのこの夏のおススメカスタム

custom1

・【車体】
ストライダープロ(シルバー):23,100円(税込)
・【ハンドル】
カーボン ハンドルバー+グリップ セット:6,600円(税込)
・【ステム】
ST-R ステム&アダプター キット:5,500円(税込)
・【ホイール】
12インチ ハイトラクションホイール&ゴムタイヤ 2本セット:11,000 円(税込)

Proモデルは今や沢山のカラーバリエーションがありますが、原点に立ち返りシルバーを採用。本当は新製品のカーボンホイールを履きたいところですが…お財布と相談しハイトラクションホイールに!その分、ハンドルバーはカーボン仕様をセット。次の大会で優勝したら、カーボンホイールに履き替えます。お父さんのお財布事情も考慮した、最新のストライダー純正カスタム車体です。

オンラインショップ店長が命名。Frigiliana White

custom2

・【車体】
ストライダーセーブ・ザ・チルドレンモデル:15,950円(税込)
・【フォーク】
フロントフォーク 【スポーツモデル・クラッシックモデル兼用】:2,200 円(税込)
・【ハンドル】
アルミニウム ライザーハンドルバー+グリップ セット:6,600円(税込)
・【グリップ】
クラシック用カラーグリップ (ホワイト):1,078円(税込)
・【ステム】
ST-R ステム&アダプター キット:5,500円(税込)
・【シート】
DADDYLAB KIDSロデオシート(ライトグレー):3,080円(税込)
・【ホイール】
ウルトラライト カラーホイールタイヤ(ホワイト):2,420 円(税込)×2

スペインにあるフリヒリアーナ(白い建物が並ぶ街)をイメージしたカスタム。純白をイメージして仕上げました!
カスタムはコラボモデルでも楽しむことができます。
セーブ・ザ・チルドレンコラボモデルの真っ白な車体は、どんなカラーとも相性バツグンなのでおすすめです。
純正のカラーパーツにはホイール、グリップ、シートがありますが、カラーシートは硬質プラスチック製のため乗り心地を重視してDADDYLABのロデオシートをチョイスしました。
新発売のライザーハンドルと相まってクールな雰囲気を醸し出しています。
アンダルシアの白い村のひとつであるフリヒリアナは、地中海を臨む高台にある美しい場所です。この夏、真っ白なストライダーで美しい景色の中を駆け抜けて欲しいです!

負けず嫌いな娘に捧げるガールズモデル

custom3

・【車体】
スポーツモデル(ブラック):14,850円(税込)
・【ハンドル】
DADDYLAB フラットバーハンドルV2:2,200円(税込)
・【グリップ】
DADDYLAB スムースロックグリップ:1,980円(税込)
・【スペーサー】
DADDYLAB カラーアルマイトスペーサー(ピンク):275円×2
・【ステム】
ST-R ステム&アダプター キット:5,500円(税込)
・【シート】
DADDYLAB KIDSロードシートV2(ピンク):3,080円(税込)
DADDYLAB クランプシートポストV2:3,960円(税込)
・【ホイール】
DADDYLAB X-WHEEL Light+タイヤセット(ロータスピンク):8,250円(税込)×2
X-WHEEL専用スキュアー変換キットS(Classic/Sport用):3,850円(税込)×2
DADDYLAB X・アクスル専用 X・アクスルカラーサイドパーツ(ピンク):1,430円(税込)

負けず嫌いだけどやっぱりカワイイモノが大好きな娘。本当はクールなカラーのカスタムにしたいパパだけど、娘のモチベーションを上げるためのThe・PINK仕様。

ドクターイエローが好きな息子のための一台

custom4

・【車体】
スポーツモデル(イエロー):14,850円(税込)
・【ハンドル】
アルミニウム ライザーハンドルバー+グリップ セット:6,600円(税込)
・【グリップ】
【クラシックモデル/14x専用】カラーグリップセット(ブルー):1,078円(税込)
・【ステム】
ST-R ステム&アダプター キット:5,500円(税込)
・【ホイール】
DADDYLAB X-WHEEL Light+タイヤセット(グランブルー):8,250円(税込)×2
X-WHEEL専用スキュアー変換キットS(Classic/Sport用)(グランブルー):3,850円(税込)×2

ドクターイエロー

息子がドクターイエローが好きすぎて…つくりました、ドクターイエローカスタム。まだレースではよちよちですが、ドクターイエローになった気分でレースを楽しんでほしいという想いも込めて作ってます。次回はシートもブルーにしたい。

これからカスタムしたいとご検討中の方は、是非是非ご参考ください!