strider_jp
ニュースイベント

ストライダーキャンプ in MINAKAMI 開催レポート

ストライダーキャンプ in MINAKAMI 開催レポート

主催者である自分たちがこんなことを言うのも変ですけど、10月2日(土)-3日(日)、群馬県みなかみ町にあるキャンプ場、オートキャンパーズエリアならまたで開催された第2回ストライダーキャンプ、本当に素敵なイベントでした。

台風一過の透き通った空気の中で、遠くは愛知県や八丈島からも90組のファミリーが集まり、思い思いのキャンプを楽しみ、数え切れない無数の星と、子どもたちとが並べてくれた1000個のキャンドルに、きらきらと照らされた夜を、私は忘れることができません。

子どもたちが、有り余る元気な声で騒いでも、大きな声で泣き叫んでも、そこら中走り回ってイタズラをしても、誰にも遠慮が要らない環境で、子どもも大人も本当にのびのびと、家族との、みんなとの時間を楽しんでいました。

そんな、参加者全員で創りあげた夢のような二日間を、写真と共に振り返っていきたいと思います。

ストライダーキャンプ|DAY1

\ようこそ!ストライダーキャンプへ/

10月2日(土)13時。皆さん続々と会場に到着。
さぁ、キャンプの始まりです!

キャンプなので、テントを張らなければ眠れないし、火を起こさなければご飯が食べられません。子どもたちも一緒に、家族みんなで力を合わせて準備をします。
これこそがファミリーキャンプの醍醐味!

今年のストライダーキャンプは、みんなで力を合わせ一緒に創り上げることがテーマでした。

会場全体にキャンドルを並べるお手伝い『子ども手伝い隊』にはたくさんの子ども達が参加してくれました。

お兄ちゃん・お姉ちゃんが率先して並べると、そのあとに続き小さな子ども達が、僕も!私も!と。

大人が何も言わなくても、子ども達はお互いに協力しあい、動いてくれるんですね!!すごい。

子どもたちの自主性が光ってました。

自分たちの手で、自分たちの力を合わせて。

みんなが会場に並べてくれたキャンドルは、なんと1,000個!1人では無理だけど、みんなで力を合わせたら、楽しかったし、あっという間だったね!

17時、点火式。一斉に火が灯ります。

子ども達が並べてくれたキャンドルはひと際明るく会場を照らしました。お手伝い隊のみんな、どうもありがとう!


この日の夕ご飯はいつもよりも美味しかったはず♡

さて、すっかり日も落ちてきたら、『夜の森シアター』の開演です。
真っ暗な木々の囲まれたスクリーン。少しずつ暗くなるキャンプ場。緊張の面持ちで始まりを待つ子どもたち。
今年の上映作品は『ムーミン谷の彗星』でした。暗闇に映し出される映像はなんとも美しい。

だんだんと肌寒くなってきました。

夜の森シアターと全く反対側にある森には、ストライダーキャンプ名物(?)の「ミステリーツアー」がOPENしていました。


皆さんの期待に応えて、スタッフも作戦を練りました。各自のランタンではなく、1人1本、ローソクを持っていざ!
思ってたより暗い…。踏んだ枝の折れる音って、こんなにも響くんですね…。

やっぱり1人では不安だけど…みんな一緒なら怖くないもんね!(ホント?)

そしていよいよ、ストライダーキャンプDAY1の締めくくり、キャンプファイヤー。「遠き山に火は落ちて」の歌で始まります。

伴奏はストライダージャパンスタッフと参加者公募で結成した一夜限りのバンド「ならまたムーンライツ」の皆さんです!

すると、遠くの山から火の神が。

そのあとを火の使いとなった子どもたちが続きます。

火の使いは、1人ずつ「誓いの言葉」を述べました。

「きぼうのひ
わたしたちは、きぼうと、ゆめにむかって、はしることを、ちかいます!」

「ゆうきのひ
わたしたちは、ころんでもたちあがって、はしりつづけることを、ちかいます!」

「ゆうじょうのひ
わたちたちは、ともだちを、だいじにすることを、ちかいます!」

「えがおのひ
わたしたちは、えがおで、みんなをてらすことを、ちかいます!」

「じゆうのひ
わたしたちは、どんなときも、じゆうなこころでいることを、ちかいます!」

真剣な顔つきで、火の神から火を受け取った子どもたちは一層たくましく見えました!

子どもたちへ、これからも伸び伸びと、健やかに成長していってほしい。そんな願いを込めて。

『点火!』の合図で大きな炎があがり、周りを囲んでいた子どもたちの表情があたたかく照らされました。

さぁ、ここからは歌って踊ってのお楽しみ時間!


今は触れあう事はできないけれど、同じ時を過ごす仲間同士、心と心は触れあえたのではないでしょうか。


子どもたちの歌や笑い声が、みなかみの満点の星空に響き渡りました。

この日の夜は今までに見たこともないような、キャンプ場いっぱいに光が降り注ぐような、満点の星空でした。

ストライダーキャンプ|DAY2

10月3日(日)、朝7時。ところどころ朝もやがかかって、幻想的な朝でした。

ストライダーで朝のお散歩。

ラジオ体操が始まりました♪

体を動かしてリフレッシュ!朝ごはんの前に体を動かすって気持ちいい。

大きく息を吸って~

深呼吸。

ストライダーキャンプ2日目、今日もいい天気でスタートです!

朝ごはんを食べ終えた子どもたちがメイン広場に集まってきましたよー!

ストライダーキャンプの締めくくりは『ミニアドベンチャーカップ』です。みんなが楽しみにしていたストライダーのレースです。

今回のレースは保護者のボランティアの方にも運営に加わっていただき、みんなで子どもたちを応援しました。

このレースの最大の難関は「土手クライム」!

2才クラス表彰
3才クラス表彰
4才クラス表彰
14xオープンクラス表彰

今回のミニアドベンチャーカップでは、参加者の中から運営に携わってくれるボランティアを募ったところ、たくさんの方にご協力いただくことができました。皆さんが笑顔で子どもたちに関わってくれて、とても楽しいレースになりました!本当にありがとうございました。

あっという間に、2日間に渡るストライダーキャンプも終わりの時間になりました。

今しかないこの時間を、たくさんの仲間と一緒に過ごせたこと、たくさんの笑顔と笑い声に包まれたこの2日間を忘れません。子どもたちがいつか大人になって、この日を思い出してくれたら嬉しいな。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!
またストライダーキャンプでお会いしましょう。