strider_jp
イベント

掃除のあとは水遊び?!ストライダービーチクリーン大作戦!イベントレポート

掃除のあとは水遊び?!ストライダービーチクリーン大作戦!イベントレポート

ストライダージャパン初の試みとなるストライダーキッズビーチクリーン大作戦を神奈川県にある鵠沼海岸にて開催いたしました。

今回は快晴には恵まれませんでしたが、約70名の子どもたちがビーチに集合!雨だからこそできた経験も盛りだくさん!さっそくレポートをお届けします♪

ストライダーキッズビーチクリーン大作戦とは

ストライダーキッズビーチクリーン大作戦は、みんなでストライダーに乗って、海岸のゴミ拾いをしよう!という企画。1993年から海を守る活動を続けているサーフライダーファウンデーション・ジャパンさんとの共催にて実施いたしました。

サーフライダーファウンデーション・ジャパンについて
https://www.surfrider.jp/

万全の準備体制で本番を迎えたのですが、まさかの天候は雨..!

みんな来るかな〜と待っていると、ストライダーキッズたちが元気に登場。

大人たちにとっては、どんよりした気持ちになる雨も、子どもたちにとったら最高のシチュエーション!レインコートを着て、たくさんの子どもたちが来場してくれました。

ストライダー持っていざビーチへ出陣!

初めてストライダーを持ってビーチに行くキッズも多く、これから何をするのかとみんなキョロキョロ。

ビーチクリーン大作戦のMCはプロマウンテンバイクライダーでストライダーアンバサダーでもある井手川直樹選手。

ビーチクリーンの説明を行い、さぁ、今日はたくさんゴミを拾うぞーと気合を入れて…みんなんで「おー!」。

拾っても拾っても出てくるゴミ

ビーチクリーン専用のバッグを持ってゴミを拾いをスタート。

今回私たち自身も驚いたのが、砂浜を見ると本当に至る所にゴミが落ちていたこと。(ゴミを拾おうという気持ちでビーチを見てこなかったので今まで気づかなかった..)

もっと大きなゴミが落ちてるのかと思いきや、子どもの手でも拾うのが大変なほどの小さなゴミが大量に砂浜にありました。

子どもたちにとってビーチと言えば、貝殻を拾うと楽しい場所といったイメージですが、今日はゴミ拾いということで、「ほら、ゴミあったよ〜!」と小さな小さなゴミをしっかりと拾ってくれました。

こんな感じで↓子どもの指さきにちょこんと乗るぐらいの小ささ..子どもたちだからこそ、たくさん拾えるのかもしれません。

小さなゴミをトングで頑張って拾おうとしてくれていた子や…

中には、初めてのビーチで砂が靴に入って大パニックで泣いてる子も..!!(かわいい..)

大きいお兄ちゃんお姉ちゃんはストライダーで走りながらゴミ収集。ほらみてー!見つけたゴミをすかさず拾ってくれました!

ゴミ収集ポイントでしっかり分別!

ゴミを集めたら収集ポイントでゴミの分別を行います。

「このゴミはどっちー?」と、しっかり確認をして同じ種類の場所にゴミを分別してくれました。

ビーチクリーン終盤になると、かなりの量に..!魚や動物が間違って食べてもおかしくないほど、原型が分からい小さくなったゴミが大量に集まりました。

海がゴミ箱状態になっている

ビーチクリーン終了の際に、サーフライダーファウンデーション・ジャパンから大切なお話をしていただきました。

・海に流れ着いたゴミの7〜8割は町から出てきたゴミ
・海にたどりついたゴミはそのまま定着し、海が「ゴミ箱」みたいになってしまっている
・海の深海まで流れ着いてしまうことも
・サーフライダーファウンデーションでは深海6,500mまで潜ってゴミを拾う活動をしている

海に落ちている小さなゴミをお魚が間違えて食べて死んでしまうことあるため、一人一人がちゃんとゴミをゴミ箱に捨てることで、海に落ちているゴミの数も減り、生き物たちを守ることができる。改めて一人一人自分の生活を見直してほしい。

という話をお伺いし、子どもたちもみんな真剣に話を聞いていました。

ビーチクリーン後にみんなでパークライドへ

もう一つのお楽しみコンテンツがパークライド!

今日は雨だからパークで遊べないか..と諦めていたら、なんと雨がやんできたので、みんなでパークへGO。はじめてパークで遊ぶ子どもたちも多く、公園とは違う環境に大興奮。

あれ..?プールライド?

前日の雨でパークに水が溜まっており、プールみたいと大はしゃぎ。みんなでストライダーに乗って水にダイブ!

最初は周りで見ていて躊躇している子も、みんなが楽しんでる姿を見て、パパやママに「行く!」と宣言し、プールライド(!?)を楽しんでいました。

イベントが終わる最後の最後までみんなで遊んで集合写真を撮って解散しました。

子どもたち自身の手でゴミを拾うことの大切さ

なんとなくゴミはゴミ箱に捨てないといけない、とはわかっている子どもたち。

でも今回のビーチクリーンを通じて、実際に子どもたち自身の手でゴミを拾ったことにより、「なぜゴミをちゃんとゴミ箱に捨てないといけないのか」、その理由がもっと明確に子どもたちに伝わったのではないかなと思います。

ビーチもしっかり綺麗にできて、最後はみんなで思いっきり遊べて、とてもアットホームなイベントとなりました。ぜひ今回参加できなかった方も、次回はお子様と一緒にご参加ください!

最後はストラと共に..!

STRIDER TVでも開催の様子を動画でお届け!

開催レポートをSTRIDER TVでもお届け!ぜひご視聴ください!