Story

  • 行ってみよう、やってみよう
    ストライダーに乗れば、どこへだって行ける気がする。でこぼこ道も坂道も、森の中でもお構いなし。
    子どもたちは、心のおもむくくままに走り出し、自分の世界をどんどん広げていきます。
    ストライダーの対象年齢は、1歳半から。
    本能的な動作ですぐに乗りこなすことができます。
    歩き始めから5歳児まで、一人ひとりのペースで、心と体の成長を育む乗り物です。
  • 世界はひろいぞ
    子どもはみんな、不思議を見つける天才です。
    大人たちには見慣れた木々も、小さな生き物も、四季の移ろいも、すべてが驚きと発見の連続。
    ストライダーで出かける先々に、無限の好奇心が広がっていきます。
    「前に進めた!」「昨日できなかったことができるようになった!」など、
    乗るたびに親子でうれしい驚きも共有できます。
  • まいにちが冒険だ
    この先に何があるんだろう。次はあっちへ行ってみようか。
    ストライダーは、子どもたちの冒険心を育み、満たす力を備えています。
    体の中から湧き上がってくる好奇心、挑戦心、喜び、悔しさ。
    リアルな体験でしか得られない、豊かな感情が芽生えてゆくのを日々実感することができます。
    親としてはハラハラすることも。でも、じっくり見守ってあげることも大切。
    子どもたちは転ぶことによって、立ち上がるたくましさを身につけていくのです。そしてご安心を。
    ストライダーは転倒時の負担を軽減するさまざまな工夫をしっかりと備えています。
  • いつも一緒
    豊富なカラーリング、カスタムパーツ、アクセサリー、立ち乗りできるフットステップ。
    すべては、子どもたちにとって、純粋に楽しい乗り物であるためのこだわりです。
    楽しいから、もっと乗りたい。お気に入りだから、いつも一緒。そして、繰り返しストライダーで
    遊ぶうちに、子どもの運動能力は自然と高められていきます。
    バランス感覚や集中力が高まり、脳の活性化にも有効な働きをもたらすと言われています。
  • 子どもが好きだ
    ストライダーのはじまりは、2007年。わが子の成長を願う一人の父親の手から生まれ、
    今では世界中200万人の子どもたちに愛されつづけています。
    私たちが提供するのは製品だけではありません。
    ストライダーカップをはじめ、幼児体育プログラム、どろん子フェス、キャンプ、
    カスタムワークショップなど。子どもの成長を支援し、親子の絆を深める数々のイベント。
    そして、転倒に備えた安全性や品質へのこだわり。
    ストライダーのすべての取り組みは、子どもを愛する気持ちに満ちあふれています。